棚田の自然観察会: 2009年8月23日 
夏の棚田観察&そばの種まき (千町の棚田)
 

 暦の上での「処暑」とは言いながら白雲一点も無く、石鎚山は夏霞の中に包まれ、日中の暑さを予感させていました。 確実に暦とおり、蝉の音も蜩からツクツク法師が加わり、蝉の抜け殻も役目を終わりつつあります。
 
 千町棚田では今年の「蕎麦作り体験」と「自然環境観察会」が同時となり合わせて65人が千町で活動しました。
 
 自然観察の子供たちには最後に蕎麦の種を蒔いてもらいました。 今年はイノシシ対策も取り組み熱い中、子供も大人もがんばりました。
 
 観察会も冒険好きの子供たち。生物も穀物の実りをむかえ、バッタや畑からおいたてられたコオロギ、羽がすりへりながらも蜜を吸い続ける蝶と季節が、移り変わりつつあります。




加茂川のごり





ニホンアマガエル ショウリョウバッタ(メス)

ナツメの実

コナギ





オオシオカラトンボ(オス) シオカラトンボ(オス)





スズメバチの巣 蟻地獄


2009年度の棚田自然観察会にもどる

NPO法人 西条加茂蕎麦くらぶ