そば作り体験: 2012年9月8日 蕎麦畑の草抜き(千町棚田) 

朝方 少し雨がぱらつきましたが
その後は良い気候となりました。

8:30トリム公園で体験作業を説明後、千町に移動。
 ブルーシートを張り 日よけ準備をして 駐車場の草刈りをする。

9:30千町にお住まいの山内様より
 千町の歴史やくらしのお話をしていただきました。
 秀吉の四国侵攻の時代に開墾が始まった話とか、
 棚田百選の選考委員中島教授が 選考後に この地を訪れ
 棚田の規模は全国で10位内に入ると残念がった話など
 航空写真で数えて2500枚以上の棚田が広がっていることなど
 非常に興味深く 貴重なお話でありました。
 ありがとう ございました。

10時過ぎからは そば畑の草引きや移植、
猪に荒らされた箇所に再度種まきをしました。
 その後昼までは ミョウガの摘み取りや
 こんにゃくいもの畑の下草刈りや笹竹で支えをするなど 
 いろんな体験作業をしていただきました。

今日は いつもの羽釜ご飯に加えて いも炊きをみなさんで作っていただきました。
旧東予市のWさんより里芋の差し入れをいただきました。感謝。
採れたてのミョウガも新鮮で 味噌で美味しくいただきました。
野外での会食はいつも楽しく 美味しく感じました。


次回のそば作り体験は10/6(土)そばの花観賞会です。
自然観察で千町を散策し NPOえひめ生態系保全管理の
小沢潤様からお話をいただく予定です。
好評につき いも炊きをする予定です。




















2012年度のそば作り体験にもどる

NPO法人 西条加茂蕎麦くらぶ