そば作り体験: 2012年12月1日 こんにゃく作り (千町 そばの家) 


今日は本来なら収穫した蕎麦の実を唐箕(とうみ)に通して
きれいな実だけにする予定でしたが
そば不作のため 代替え行事として こんにゃく作り体験 を行いました。

みんな初めての体験で興味津々です。

講師は千町にお住まいの山内さんにお願いしました。

材料のこんにゃく芋は 11月初めに掘り出して乾燥させていましたので
それを使います。

手始めに 大鍋に湯を沸かして こんにゃく芋を茹でます。
約1時間で茹であがったこんにゃく芋をみんなで小さく切り ミキサーに掛けます。
湯を加えながら適当な柔らかさになるまで練り込みます。
次に 凝固剤を入れて更に練り込みます。
その次は 手のひらサイズのこんにゃく玉にして 湯に投入します。

約30分程茹でて 味見です。
刺身状に切って わさび醤油、田楽みそ などで美味しくいただきました。
やはり茹でたては最高です。


みなさん すばらしい笑顔でした。











2012年12月4日 愛媛新聞


2012年度のそば作り体験にもどる

NPO法人 西条加茂蕎麦くらぶ