そば作り体験: 2013年11月9日 
蕎麦の脱穀と唐箕通し/ゆず摘み(千町棚田) 

秋色が進む千町のそばの家で
そば畑の草刈りと
そばの脱穀・唐箕通しを行いました。

今年のそばはごく少量の収穫となりました。

ブルーシートを敷いて その上に唐箕を置いて
羽根車を回しながら そばの実を唐箕に通し 実だけを取出します。
こういった農器具も貴重なものとなってきました。


千町のY様のご厚意で 柚子摘みをさせていただきました。
気候のせいか 色付きが遅いようで
きれいな黄色になっているのは少ない感じでした。
長いとげに気を付けながら 高枝切りはさみで摘み取りを行いました。

11/24(日)9時から 再度 摘み取りを行う予定です。
沢山の方の参加を期待します。
(少額ですが参加費をいただきます)


今回は上記以外にも いろんなことを手分けして行いました。

今後の色んな行事に備えて 薪作りもしました。
チェーンソーで長い木を切り ストックを増やしました。

こんにゃく芋も2年から3年ものだけを掘り出して
乾燥をさせたり 小さな芋は埋めて土を掛けたりしました。
11/30(土)には こんにゃく作り を予定しています。
くらぶ員は9時にそばの家に集合です。


渋柿も2週間ほど前に摘み取り 
焼酎とドライアイスを入れ 真空引きをしたものが
丁度 食べ頃になっていました。
味見をした後 参加者に持帰りとしました。


昼食は羽釜ご飯とみそ汁、皆さんが
持ち寄ったおかず、渋抜きの柿などを楽しみました。






2013年度のそば作り体験にもどる

NPO法人 西条加茂蕎麦くらぶ