春そば作り体験: 2015年3月21日 
蕎麦の種まき(千町棚田) 

春分の日 春の陽気が心地よい朝 
今日も西条市トリム公園駐車場で 参加者を待ちます。
9時前には ほぼ集合されたので体験作業の説明をした後
千町のそば畑に向かいました。


到着後 まず 畑の周囲を鎌で草刈りします。
その間にトラクターと耕運機で土を細かく砕き 
畝(うね)を作った後 そばの種を条蒔きしました。
子供達も大人に交じって畝を歩いて種を蒔きます。


つくしを摘んだり ヨモギの新芽を摘んだり
棚田の自然に感激する人 風景、光景を写真に収める人 
子供の笑顔などを見ると この地で そば作り行事をして良かったと感じます。


農作業後は昼食の準備です。

今日は子供たち含めて28名 羽釜も2つ並べて薪で炊きます。
くらぶのKさんが水加減や火加減を教えながら 
今日も美味しそうに炊き上がりました。

おかずは天ぷらとみそ汁をみんなで作りました。
天ぷら鍋も2つ使って いろんなネタが揚がるのが待ち遠しく 
味見(つまみ食い)をしたり 塩コショウをかけたり
それぞれ 春の会食を楽しみました。

やはり野外で食べるご飯は美味しいですね。
いろんな話題が飛び交いました。


山を背景に集合写真を撮って解散しました。















2015年度のそば作り体験にもどる

NPO法人 西条加茂蕎麦くらぶ